敷金返還請求のコツ(敷金は100%返してもらえます!)

敷金が返ってこないのはおかしい。知らないからこそぼったくられる・・・

■家賃と自然消耗

 国土交通省が示した

 「現状回復をめぐるトラブルとガイドライン」の冊子、

 11ページ上段には

 「賃借人が通常の住まい方、

 使い方をしていても発生すると考えられるもの(消耗)は、

 賃貸借契約の性質上、

 賃貸借契約期間中の賃料でカバーされてきたはずのものである。」

 と書かれています。

 つまり、普通に使っていてできた傷や痛みは、家賃に含まれる、

 ということです。

 このガイドラインには、今のところ、法的拘束力はありませんが、

 敷金返還請求の裁判が起きた時に最も参考とされる資料であり、

 ほぼこの通りの判決が下されています。

 また、敷金返還請求の時効は5年なので、

 過去に既に支払ってしまったものについても、

 領収書などの証拠となるものがあれば、

 さかのぼって請求することもできます。


■敷金返還の手順

 いくら判決がその通りに下されているといっても、

 正当な敷金の返還をしてもらうにはちょっとしたコツがいります。

 裁判をすれば、勝てるとはいっても、

 何もしらないで裁判所にいけば、必要な証拠をそろえることもできずに

 敷金の返還を受けられません。

 敷金返還の裁判をする上で、コツがあり、おさえるべきポイントがあります。



 敷金返還については、

 インターネットなどでもかなりの情報を引き出すことが出来ますが、

 私が調べた現在では、それぞれ、

 立場によって、解釈が違うのです。

 不動産屋さんが広告主などのスポンサーになっているページでは、

 不動産に不利になるようなことは言いません。

 また、敷金返還請求代行業者は、注文を受けたいが故に

 100%敷金は返還してもらえると、書いています。

 しかし、実際には敷金返還が受けられないケースというのもあるのです。

 私がお伝えできるのは、自分自身の体験です。

 敷金の返還を求める一個人の立場として、

 私自身の実際の体験談をもとに、

 法律の知識をもたない人がそのままできる、

 敷金返還に必要な手順そのものをe-book(本)としてまとめました。


敷金返還請求のコツ(敷金は100%返してもらえます!)

敷金精算の不安はこうして解消しなさい!

敷金返還のプロが教える敷金精算成功法マニュアル

賃貸住宅に入居した時から、いや、入居する前から既に敷金トラブルになってしまう原因が発生しているのです。

このマニュアルはこれから賃貸住宅を利用しようとしている方、あるいはまもなく退去する予定の方が敷金トラブルに巻き込まれないよう予防する方法、及びトラブルとなってしまった場合の対処法を簡便に実践することができるノウハウをお伝えしています。

このノウハウの一部を使っただけで大幅な負担減となった事例もたくさんあります。

すべてのノウハウを使って、敷金全額返還をめざしませんか?

敷金精算の不安はこうして解消しなさい!

敷金返還完璧マニュアル<後編:退去後編>

退去後からでも敷金をきちんと取り戻せます

賃貸住宅で生活している人の多くは、退去後、敷金返還を行うことになりますが、スムーズに返還されないケースもよくあります。

 私は、「よくある賃貸トラブルFAQ」というサイトで、賃貸トラブルへのアドバイスを行っていますが、実際の敷金返還交渉の場面では、サイトでは一般公開できないような秘密のテクニックやノウハウが必要となるケースもよくあるのです。

 そこで、「敷金返還完璧マニュアル<後編:退去後編>」では、退去後の交渉ノウハウを中心とした「後編」で、敷金を完璧に取り戻すためのノウハウを提供しています。

 さらに、本マニュアルの普及を図るため、本マニュアルに、再販する権利(リセールライト)をお付けすることにしました。

 通常、電子ブックにも著作権がありますので、購入者は、自ら利用する権利しか認められておらず、コピーや再販する権利は認められていません。万が一、そういうことを行えば、著作権法違反として罰せられることになります。

 しかし、私は、本電子ブックを必要とする人に普及するため、そして、購入者の負担を大幅に軽減するために、再販する権利(リセールライト)を認めることにしたのです。

 つまり、購入されたあなた自身が、本マニュアルをご自身の著作物として再販する権利を認めたのです。

 購入者に守っていただく事項は、最低販売価格(5000円)以上で販売していただくという1点のみです。(無償配布は禁止です)

 購入されたあなたは、敷金返還で困っている人に再販することも可能ですし、現在、注目されている情報販売をお考えなら、インフォカートに発行者登録して販売したり、ご自身のブログやホームページで、自らの販売商品として紹介してください。

 そうすれば、アフィリエイト収入ではなく、販売利益の100%をあなたのものにすることができるのです。

 再販売権付商品は、誰よりも早く取り組むことが成功の秘訣だと言われます。

 ぜひ、このマニュアルを広げてください。

 そして、このチャンスに、自らの敷金を取り戻すだけでなく、プラスアルファとして、お小遣い稼ぎにもチャレンジしてください?

敷金返還完璧マニュアル<後編:退去後編>

敷金返還完璧マニュアル<前編・後編>

これで完璧に敷金返還ができます

賃貸住宅で生活している人の多くは、退去後、敷金返還を行うことになりますが、スムーズに返還されないケースもよくあります。

 私は、「よくある賃貸トラブルFAQ」というサイトで、賃貸トラブルへのアドバイスを行っていますが、実際の敷金返還交渉の場面では、サイトでは一般公開できないような秘密のテクニックやノウハウが必要となるケースもよくあるのです。

 そこで、「敷金返還完璧マニュアル<前編・後編>」では、退去時の立会い確認までの準備作業を中心とした「前編」と、退去後の交渉ノウハウを中心とした「後編」に分けで、敷金を完璧に取り戻すためのノウハウを提供しています。

 さらに、本マニュアルの普及を図るため、本マニュアルに、再販する権利(リセールライト)をお付けすることにしました。

 通常、電子ブックにも著作権がありますので、購入者は、自ら利用する権利しか認められておらず、コピーや再販する権利は認められていません。万が一、そういうことを行えば、著作権法違反として罰せられることになります。

 しかし、私は、本電子ブックを必要とする人に普及するため、そして、購入者の負担を大幅に軽減するために、再販する権利(リセールライト)を認めることにしたのです。

 つまり、購入されたあなた自身が、本マニュアルをご自身の著作物として再販する権利を認めたのです。

 購入者に守っていただく事項は、最低販売価格(8000円)以上で販売していただくという1点のみです。(無償配布は禁止です)

 購入されたあなたは、敷金返還で困っている人に再販することも可能ですし、現在、注目されている情報販売をお考えなら、インフォカートに発行者登録して販売したり、ご自身のブログやホームページで、自らの販売商品として紹介してください。

 そうすれば、アフィリエイト収入ではなく、販売利益の100%をあなたのものにすることができるのです。

 再販売権付商品は、誰よりも早く取り組むことが成功の秘訣だと言われます。

 ぜひ、このマニュアルを広げてください。

 そして、このチャンスに、自らの敷金を取り戻すだけでなく、プラスアルファとして、お小遣い稼ぎにもチャレンジしてください?

敷金返還完璧マニュアル<前編・後編>

敷金返還完璧マニュアル<後編:退去後編>

退去後からでも敷金をきちんと取り戻せます

賃貸住宅で生活している人の多くは、退去後、敷金返還を行うことになりますが、スムーズに返還されないケースもよくあります。

 私は、「よくある賃貸トラブルFAQ」というサイトで、賃貸トラブルへのアドバイスを行っていますが、実際の敷金返還交渉の場面では、サイトでは一般公開できないような秘密のテクニックやノウハウが必要となるケースもよくあるのです。

 そこで、「敷金返還完璧マニュアル<後編:退去後編>」では、退去後の交渉ノウハウを中心とした「後編」で、敷金を完璧に取り戻すためのノウハウを提供しています。

 さらに、本マニュアルの普及を図るため、本マニュアルに、再販する権利(リセールライト)をお付けすることにしました。

 通常、電子ブックにも著作権がありますので、購入者は、自ら利用する権利しか認められておらず、コピーや再販する権利は認められていません。万が一、そういうことを行えば、著作権法違反として罰せられることになります。

 しかし、私は、本電子ブックを必要とする人に普及するため、そして、購入者の負担を大幅に軽減するために、再販する権利(リセールライト)を認めることにしたのです。

 つまり、購入されたあなた自身が、本マニュアルをご自身の著作物として再販する権利を認めたのです。

 購入者に守っていただく事項は、最低販売価格(5000円)以上で販売していただくという1点のみです。(無償配布は禁止です)

 購入されたあなたは、敷金返還で困っている人に再販することも可能ですし、現在、注目されている情報販売をお考えなら、インフォカートに発行者登録して販売したり、ご自身のブログやホームページで、自らの販売商品として紹介してください。

 そうすれば、アフィリエイト収入ではなく、販売利益の100%をあなたのものにすることができるのです。

 再販売権付商品は、誰よりも早く取り組むことが成功の秘訣だと言われます。

 ぜひ、このマニュアルを広げてください。

 そして、このチャンスに、自らの敷金を取り戻すだけでなく、プラスアルファとして、お小遣い稼ぎにもチャレンジしてください?

敷金返還完璧マニュアル<後編:退去後編>

■賃貸契約金奪還マニュアル■〜たった2時間の簡単作業で10万円〜30万円にも及ぶ賃貸借契約金をアッサリと返金させる魔法のマニュアル〜

あなたが払った賃貸借契約金、今から30日以内に、いとも簡単に取り返すことが可能です!

あなたが不動産業者に払った契約金・・・
入居中であろうが、退去後であろうが、
今から30日以内に、
しかも不動産業者との交渉すらすることなく、
いとも簡単に取り返すことが可能です!
もしあなたがこれら「騙し取られた費用」の奪還を望むなら、
これまで悪徳不動産会社のトップ営業マンとして騙す側の人間だった私が、
不動産業者が使う騙しの手口を徹底的に暴露すると共に、更には、
契約内容を強制的に「あなた好みの内容」に変えてしまう究極のテクニックと、
敷金をはじめとするあらゆる費用をいとも簡単に取り返す方法をお教えましょう。
もちろん、効果がなければ全額返金いたします。

■賃貸契約金奪還マニュアル■〜たった2時間の簡単作業で10万円〜30万円にも及ぶ賃貸借契約金をアッサリと返金させる魔法のマニュアル〜

敷金返還完璧マニュアル<前編・後編>

これで完璧に敷金返還ができます

賃貸住宅で生活している人の多くは、退去後、敷金返還を行うことになりますが、スムーズに返還されないケースもよくあります。

 私は、「よくある賃貸トラブルFAQ」というサイトで、賃貸トラブルへのアドバイスを行っていますが、実際の敷金返還交渉の場面では、サイトでは一般公開できないような秘密のテクニックやノウハウが必要となるケースもよくあるのです。

 そこで、「敷金返還完璧マニュアル<前編・後編>」では、退去時の立会い確認までの準備作業を中心とした「前編」と、退去後の交渉ノウハウを中心とした「後編」に分けで、敷金を完璧に取り戻すためのノウハウを提供しています。

 さらに、本マニュアルの普及を図るため、本マニュアルに、再販する権利(リセールライト)をお付けすることにしました。

 通常、電子ブックにも著作権がありますので、購入者は、自ら利用する権利しか認められておらず、コピーや再販する権利は認められていません。万が一、そういうことを行えば、著作権法違反として罰せられることになります。

 しかし、私は、本電子ブックを必要とする人に普及するため、そして、購入者の負担を大幅に軽減するために、再販する権利(リセールライト)を認めることにしたのです。

 つまり、購入されたあなた自身が、本マニュアルをご自身の著作物として再販する権利を認めたのです。

 購入者に守っていただく事項は、最低販売価格(8000円)以上で販売していただくという1点のみです。(無償配布は禁止です)

 購入されたあなたは、敷金返還で困っている人に再販することも可能ですし、現在、注目されている情報販売をお考えなら、インフォカートに発行者登録して販売したり、ご自身のブログやホームページで、自らの販売商品として紹介してください。

 そうすれば、アフィリエイト収入ではなく、販売利益の100%をあなたのものにすることができるのです。

 再販売権付商品は、誰よりも早く取り組むことが成功の秘訣だと言われます。

 ぜひ、このマニュアルを広げてください。

 そして、このチャンスに、自らの敷金を取り戻すだけでなく、プラスアルファとして、お小遣い稼ぎにもチャレンジしてください?

敷金返還完璧マニュアル<前編・後編>

ダウンロード版 宅地建物取引主任者が暴露!敷金返還裏技マニュアル

敷金返還の極意を知りたい方は他にいませんか?宅地建物取引主任者が裏技を暴露します。

このマニュアルを読むことで、あなたが目にする内容の一部を挙げると、次の通りです。 

◆敷金返還に必要な法律知識とは?
◆見落としがちな契約書・特約事項の問題点とは?
◆敷金返還のためのプロのテクニックとは?
◆退去時の立会い確認の極意とは?
◆敷金返還交渉の基本とは?
◆修繕費の見積書・請求書の問題点とは?
◆裁判以外の紛争解決手段とは?

しかし、これだけではありません。

宅地建物取引主任者が暴露!敷金返還裏技マニュアル
を購入された方に特別プレゼントを用意いたしました。

◆特別ボーナス特典1(10,000円相当)
家主の思考パターンをお教えいたします。
家主がどういうことを考えているかをを理解すれば、敷金返還交渉がうまくいきます。

◆特別ボーナス特典2(5,000円相当)
敷金問題に関する判例をお教えいたします。
判例というのは、この法律のひとつの解釈で、それ以降の裁判に影響を与える
ことが多く、法律をどのように解釈すべきかの、いわば「手本」となるものです。
これを知っておけば、交渉が楽になります。

ダウンロード版 宅地建物取引主任者が暴露!敷金返還裏技マニュアル

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。